【まとめ】シミが濃くなる原因とは?

木原さん
この記事のプロフェッショナル監修者
コスメライター:木原あや
【まとめ】シミが濃くなる原因とは?
2016年8月14日   

シミは年齢とともに増えて濃くなる

年齢とともに顔に現れる様々な症状が気になるようになってきます。肌にツヤがなくなったり、くすみ、たるみやしわ、吹き出物やニキビのほか、シミが気になる人が多いのではないでしょうか?若い頃はそばかすと呼べたものが、年齢を重ねるごとにシミとなり、大きな存在感を出してくるようになります。

シミができる原因は何でしょう。

顔のシミは人目につきやすく、顔にシミがあるだけで、実際の年齢よりも老けて見られてしまいます。いつまでも若々しくありたいと願う女性にとって、大きな悩みの種となります。一言にシミと言っても実は細かく分けると肝斑や老人性色素斑など様々な種類があります。

それでは、顔にシミができたり濃くなってしまう原因は何なのでしょうか?

一番大きな要因は紫外線です。

シミができる原因には遺伝によるもの、加齢によるものなど複数ありますが、なかでも大きな原因とされているものは紫外線です。
紫外線をあびることで、お肌が傷つきメラノサイトという細胞が活性化します。それによりメラニン色素が生成されます。メラニンが色素沈着を起こすことでシミに発展します。ターンオーバーが正常に働いていれば、色素沈着を防ぐことができますが、普段から日焼けをしていてお肌がダメージを受けていると、ターンオーバーが乱れ、色素沈着しやすく、次第にシミの色も濃くなっていきます。

体調やホルモンも大きな要因のひとつ。

また、年齢とともに新陳代謝が下がっていくため、年をとるほどシミができやすく濃くなります。特に顔は体の中で日に当たる時間が長いことから、シミができやすいと言えます。そのため、しっかりと紫外線対策や顔にシミを作らないためのケアが大事です。シミができたり濃くなる原因はその他にも睡眠不足やストレス、また女性ホルモンの分泌も関係しています。妊娠、出産した後に急にシミが増えてしまったということはよく聞く話です。

顔の肌は優しくすること。

ニキビや吹き出物が悪化することで、それが色素沈着を起こし濃いシミになってしまうこともあります。さらに日々の間違ったスキンケアもシミを悪化させる原因となります。ゴシゴシ洗うような洗顔をしているとお肌を傷つけてしまいます。顔の皮膚はとてもデリケートであるため、強い力で顔を拭いたり、パッティングをしているとお肌がダメージを受け、色素沈着が起こりやすくなってしまいます。

シミの発生や濃くなることを防ぐためには、紫外線対策を万全に行うこと正しいスキンケアをして保湿をしっかりすることバランスの良い食生活を心がけビタミンCを積極的に摂ること十分な休息や睡眠をとることなどが挙げられます。しっかりケアをして、シミのない美肌を目指しましょう。

2016年8月14日   
TOPへ戻る