シミができ始める年齢とは? 年齢によって症状が違う?

木原さん
この記事のプロフェッショナル監修者
コスメライター:木原あや
シミができ始める年齢とは? 年齢によって症状が違う?

ふと鏡を見て、シミを発見してショックを受けたことがありませんか?毎日きちんとスキンケアをしていたと思っていても、気がつかないうちにシミが増えてしまっていたということがあります。
顔のシミはメイクをする時や洗顔をする時にどうしても目につきやすく、一旦気がつくと気になってしょうがないものです。

それでは、シミはいつからでき始めるのでしょうか?

シミができやすくなる年齢は30歳から。

シミには大きく分けて、そばかす、肝斑、老人性色素斑などがあります。そばかすは年令に関わらず、遺伝や体質により子供のころから出来始めることがあります。一方で、30代から出来始めるものの多くが肝斑と呼ばれるものです。

シミの原因は紫外線をはじめ、間違ったスキンケア、不規則な食生活や生活習慣などが挙げられます。また色素沈着を起こしたニキビや吹き出物もシミになってしまうことがあります。紫外線などでダメージを受けたお肌はメラノサイトが活性化しメラニン色素が沈着しやすくなります。10代や20代前半の若い頃は新陳代謝が良く、お肌がダメージを受けても正常なターンオーバーの働きでシミになることはあまりありません。

 

しかしながら、年令を重ねて代謝が落ちてくるようになると、ターンオーバーが乱れたり遅くなったりすることで、色素沈着がすすみシミへと変化します。
そのため、30代からちらほらとシミが増えてくるようになるというわけです。

加齢によるシミの出現を防ぐための方法とは?

シミを防ぐためには、若い頃から紫外線対策をすることが大切です。日焼けをした分、お肌は傷つきます。できるだけダメージを避けて、日焼け止めを塗るなど、紫外線対策を怠らないことが重要です。また、乱雑なスキンケアも大敵です。時間がないからと言って、顔を強く洗ったり、タオルでゴシゴシ拭いたり、適当に化粧水をつけていてはケア不足です。

洗顔をする時は泡ネットなどを使い、しっかりと泡立てるようにしましょう。その泡を使って顔をこすらないように優しく洗うことが正しい洗顔です。また、洗顔後は十分な水分を与えて、保湿をすることも忘れないようにしましょう。その他、新陳代謝を高めるためにも、適度な運動を日々の生活に取り入れ普段から汗をかくようにすること、好きなものだけを食べるのではなく栄養を考えたバランスの良い食事をすること、早寝早起きをして規則正しい生活をすることが、シミの予防策となります。

 

ケアを怠ると、どんどん濃いシミができるようになってしまいます。日々のお手入れをしっかりして、シミを防ぎましょう。

TOPへ戻る