美白と紫外線の関係 意外と知らない基礎知識

美白と紫外線の関係 意外と知らない基礎知識

木原さん
この記事のプロフェッショナル監修者
コスメライター:木原あや
美白と紫外線の関係 意外と知らない基礎知識
2016年8月4日   

美白と紫外線の切っても切れない関係

美白を心掛けるなら、まずは紫外線対策を丁寧に行う必要があります。
紫外線自体は一昔前までは骨を丈夫にするという事で、赤ちゃんには日光浴をさせる必要があると言われていましたが、今ではそこまで気にする必要はないという事になっています。
出来るだけカットして肌に当てない様にする事、それが重要です。

ただ紫外線と聞くとどうしても日焼けしか連想しないという事も少なくありません。
確かに長時間太陽の光を浴びていると、徐々に焼けて行ってしまいます。
日焼けしたいと思っている人は別ですが、出来るだけ白い肌でいたいと思っている人にとっては紫外線対策はとても重要です。

紫外線が強い時期の対策

基本的に、紫外線は年中降り注いでいますが、大体5月から11月位までが強くなっています。
したがって、その間は日焼け止めは勿論の事、長袖を着たり日傘を利用したり、勿論防止を利用して出来るだけ肌に当てない様にする必要があります。
美白を考える場合、日焼け自体は大敵となる為充分気を付けます。

紫外線を浴びたあとはケアが大事です。

もう一つはケアが大事だという事です。
注意していてもどうしても紫外線を浴びてしまうという事はあり、それによって肌が黒くなったり赤くなったりする事が有ります。
肌はこれ以上ダメージを受けない様に作用しますが、紫外線を浴びたばかりの肌はとてもデリケートな状態です。
乾燥がひどくなったり、痛みを感じたりする場合も珍しくありません。
したがって、スキンケアとして化粧水をたっぷり使って保湿する等が必要です。
そうすれば黒い色が定着してしまう事を少し防ぐ事が出来るからです。
後は、食事にも目を向けましょう。
出来ればビタミンCを沢山含有している野菜やフルーツ等が良く、出来るだけ継続して摂取する事が重要です。
しっかりとケアが出来れば紫外線の影響を今以上に当ててしまうという事はまずなく、今よりもひどくなってしまうのではないかと心配する必要はありません。
また熱を帯びている感じがする場合などは、丁寧に冷やして保湿ケアをする事も重要です。

紫外線対策としては浴びないという事が基本です。

勿論美白と言う事を考えると、夏場だけ対策を行うのではなく年中気を付ける事、特に5月頃からは夏場同様に気を付ける事が重要となります。
たあ浴びてしまった時は、出来るだけ肌をいたわるケアを行う事が大事で、それを行ったかどうかで美白は勿論の事、シミ等の出来る数まで変わって行ってしまうといっても決して大げさではありません。

2016年8月4日   
TOPへ戻る