【まとめ】シミ対策するための食事

木原さん
この記事のプロフェッショナル監修者
コスメライター:木原あや
【まとめ】シミ対策するための食事

シミは外部からのケアも大事ですが、内部から地道に努力することもとても大切です!今回はシミ対策したい人向けの食品や成分をピックアップして特集してみます。

こんな成分を摂ることが大事らしいです!

ビタミンC
ビタミンB2
L-システイン
リコピン
アスタキサンチン
エラグ酸

このようにシミに効果の期待できる栄養素はたくさんありますが、できてしまったシミを消すためには食事だけでは効果は薄いといえます。すでにできてしまったシミを消すためには、やはり美白に特化したコスメなどを使った外側からのケアきちんと行なうことが大切です。
http://www.skincare-univ.com/article/007959/

いずれも野菜や果物に豊富に含まれている成分です。ビタミンB2はレバーなどに含まれているので、苦手じゃない人は食べてみることをおすすめします。

具体的にはどんな野菜が良い!?

トマト

トマトには健康・美容に欠かせない栄養素が沢山含まれています。
ビタミンCだけでなく、抗酸化作用の高いビタミンEや、トマトの成分でお馴染みのリコピンも抗酸化作用に優れています。
「トマトが赤くなれば医者が青くなる」ということわざがある程、トマトは高機能食材ですので、積極的に摂取しましょう。

人参

人参と言えばβカロチンですね。
βカロチンには抗酸化作用はもちろんのこと、美容にはかかせないビタミンAを必要なだけ体内に作ってくれる作用もあります。

ブロッコリー

ブロッコリーのビタミンC含有量はレモンの2倍もあるんです!
その他、βカロチン、葉酸、ルテイン等、美容に良い成分もたっぷり!
特にルテインは網膜に対しての抗酸化作用がありますので、デスクワークの方、PCやスマホをよくお使いになる方は、目の老化を防ぐ効果も期待できます。
http://tops-vacances-voyages.com/?p=52

意外と普段食べる野菜にも豊富に含まれていますね。その他にも果物ならレモンやグレープフルーツ、柿などにシミへの効果が期待できそうな成分が含まれているようです。

逆にどんな食習慣がシミに良くないの?

先程までの紹介とは逆に、シミができやすくなる食習慣や成分があるみたいです。あくまでもネットの噂ですが、これ以上シミが出来ないようにこちらにも気をつけたいですね。

白砂糖

白砂糖は頬のシミを生成するという噂を見つけました。体を冷やす食品でもあるため血行不良により代謝が落ちることもその原因のようです。肌サイクルが遅くなるということのようですね。

カフェイン

カフェインは肌の中にあるメラニンを拡散させるから、肌の広範囲にシミを作る可能性があるとのこと。本当でしょうか??

保存料

最後に保存料。これは加工品には必ず含まれています。過剰に摂取することの危うさはシミに関わらず批判されがちなので、多く食べ過ぎないことが良いということでしょう。

まとめ

期待させてしまったのに悪いのですが、調べた結果即効性のある食べ物はなさそうです。。残念。
とは言え、ビタミンやリコピンなど野菜や果物に入っている新陳代謝を高める成分や体を温める食べ物は間違いなく肌に良いと言えます。一方体を冷やすような食べ物、血行が悪くなるような食習慣は良くないと言えそうです。
外からはシミによく効きそうなジェルやクリームで顔をマッサージして、中からは体に良い物を食べる!
これでシミが少しでも薄くなることを願っています。

TOPへ戻る